地元工務店の強み

トップページ> > 地元工務店の強み
営業力で仕事をしているわけではなく、地元での口コミや紹介がメインの
ため、施工はもちろん引渡し後のメンテナンス、人と人とのつながりを大事にしています。
工務店というと昔ながらの家づくりをコツコツ・・・というイメージがあるかも知れませんが、最近ではハウスメーカーや設計事務所並に提案力を発揮する工務店が増えています。
設計~積算~施工まで担当者が全て把握しながら業務を進めるので、人件費のロスが少ない。
実際に建物にかかる費用以外のもの
を間接経費といいます。総合住宅展
示場への出店やTVCMなどの宣伝
ではなく、地域の折込チラシ程度の
営業なので営業経費が少なく、その
分価格が安い。
設計者と施工者が密接に係わり合い
ますので、お施主様の真意が伝わり
やすい上、意思のすれ違いが少なく
比較的早く現場に反映されます。
実際に現場に立つ施工者でもあるの
で、建築のプロとしての意見を聞く
ことができる。また、建築材料を良
く知っている
施工上の制約が少ない、家を作品化
しない等、住む人の都合優先で一品
生産の家を作ってもらう事が出来、
自分なりのこだわりを強くもってい
る人に向いています。
一度に沢山の現場をかかえていないので、会社の都合ではなくお施主様側のスケジュールに合わせた施工計画を立ててくれる。
首都圏を例に住宅施工棟数のシェア率をみると、大手ハウスメーカーなどが含まれる年間施工棟数1,000棟以上の会社のシェアは34%です。年間施工棟数が1,000棟未満の会社のシェアは66%もあります。また、100棟未満の会社だけをみてもそのシェアは42%と、半分近い比率を占めている事がわかります。尚、関西圏では100棟未満の会社が65%となっており、首都圏よりも中小企業の比率が高くなっています。
  • パターン化されたデザインで、構造、仕上げ材料がある程度決められており自社の製品以外は提案できないため、個性が活かされない。こだわる人には不向き。
  • TVCM等の宣伝費、住宅展示場への出展料、モデルハウスの改築費用、多数のカタログ等も家の価格に上乗せされているため実際には割高。
  • モデルハウスの多くは、広い敷地にゆったりとした間取りとメーカーが誇る最上級の仕様で作られているため、参考程度にしかならない。
  • 細かい要望はすべて基本外のオプション、契約後の仕様変更等、都度追加費用がかかりその価格は割高
  • 担当(営業・設計・工務)がはっきり分かれているので、コミュニケーション取り難い
  • 営業マンは営業のプロですが、建築に関して素人レベルの人も多いといわれています。

原田建築

〒868-0600 
熊本県球磨郡湯前町4056
TEL:0966-43-3144
(夜間):0966-43-2066
FAX:0966-43-3144

会社案内へ
このページのトップへ